Echoview - Sound Knowledge

Echoview® は水中音響データ処理において業界No.1のソフトウェアパッケージです。水柱、船底魚群探知機やソナーのデータ処理に強力かつ順応性のある機能を供給しています。

Echoviewは広い視野と最先端機能の供給へこだわり、Echoviewは海洋や淡水のモニタリングを望む水産・環境分野の科学者から業界の世界基準として採用されています。

資源量評価

資源量の評価は海洋と淡水資源の管理にとって重要であり、Echoviewは世界の主要な水産研究所との親密な共同研究においてこの目的のために独自に設計されました。Echoviewは最も一般的に使われている魚群探知機やソナーのデータフォーマットをサポートしており、定量的な音響計測にとって使いやすいツール、アルゴリズム、オペレーターでありながら無類の価値を提供します。

  • データの解析と較正
  • ノイズと他の人工物の計測
  • 距離、時間、ピングを基にしたセルの規定
  • シングルエコー(シングルターゲット探知)や/あるいは集団(魚群)の検出
  • シングルエコーの追跡(魚の追跡)
  • 海底深度の規定(測定)
  • 選択した手法によるデータの分割とフィルター
  • マニュアルやユーザー定義(マルチ周波数dB差、魚群特性)に基づいたデータの分類(種の同定)
  • 広範囲な解析レンジ(平均Sv,NASC,ターゲットの数、海底など)による処理データ(画面上と出力ファイルの両方)の特徴付け

行動と生態

魚群探知機とソナーデータは個々(魚やオキアミ)や集団(魚群や層)、間隔(空間もしくは時間)で比類なき空間的、時間的な情報を提供することが出来ます。

Echoviewは音響データでこれらのレベルを特定して特徴づけるために使いやすいツール、アルゴリズム、オペレーターでありながら無類の価値を提供します。 

  • シングルエコーの検出と追跡(シングルターゲットの検出と魚群の追跡)
  • 魚体長の推定(直接または間接的)
  • 集団の検出(魚群の検出)
  • 空間的、時間的なデータの記述(ライン、リージョン、グリッドを使用)
  • 145以上のオペレーターから数学的な計算を組み合わせることによって新しいエコグラム(仮想変数)を作成
  • 音響と映像データの視覚化と同期化
  • (空間的、時間的)位置、地形計測(魚影、蛇行追跡)、音響エネルギー(ターゲットストレングス、Sv,NASC)、環境(水深、密度躍層水深、底質)に関する個々と集団と間隔を特徴づけます。

水生環境を管理する生態系ベースのアプローチへのパラダイムシフトとして、EchoViewは音響データから無類の行動生態学的測定基準を提供します。

生息域分類

底面からの音響測深機による後方散乱の計測(海底、湖底、川底)は、基質の状態(固い/やわらかい、砂/砂利など)とその測深に関する情報を提供します。

  • データの解析と較正
  • ノイズと他の人工的要素の計測
  • 水深の定義
  • 音響データと映像データの可視化と同期
  • 1次、2次海底エコーの識別と特徴づけ(特徴抽出)
  • 主成分分析による海底形状の相違の定量化と単純化
  • k-means clusteringによる底質分類

この情報が独立(管理されない分類)して使われるか、あるいは他の環境変数(管理された分類)と結びついて使用されるかに関わらず、Echoviewは便利で、客観的に底面を記述する強力な方法であり、水生生物の生息地としてその役割を理解するのに役立ちます。

Echoview Software Pty Ltd (かつてのMyriax Software Pty Ltd) は Sonardata Tasmania Pty Ltd として1995年に設立されました。 20年を経て、わが社は国際的科学コミュニティーにおいて、水中音響の可視化と分析のソフトウェア開発で国際的なリーダーとして広く認知されております。 Echoview® は海洋と淡水においての高度な水中音響研究の基準器となりました。

今日、Echoview は60カ国以上の数百に及ぶ調査機関や行政機関の要望に応えております。

日本:水産総合研究センター、水産工学研究所 (NRIFE)、北海道区水産研究所(日本)、NOAA(アメリカ) 、中国科学院水生生物研究所 (IHB)、国家海洋局第一海洋研究所(中国)、カナダ水産省、オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)、スコットランド水産局、合衆国魚類野生生物局、韓国海洋科学技術研究所

Echoview Softwareはオーストラリアの革新的な技術会社Starfish Venturesの後援を受けています。

Echoviewのワークフロー

論理的なワークフローに従い水中音響データを解析するためEchoviewを使用します。

Explore: エコーグラム、地図、グラフ、表や4D表示の各形式における音響データや補助データを視覚化したり、精査したりします。

Calibrate: 音響生データをその空間、時間に正しく位置された完全な後方散乱強度に変換します。

Clean: バックグラウンドノイズ、干渉ノイズ、失われたデータや他の望まない構成要素を特定したり、軽減したりします。

Detect: 海底を定義したり、個々のターゲット、魚群や他の集団を探索したり、数ピングに及ぶターゲットの動きを追跡したり、必要に応じてデータを分割します。

Classify:完全かつ確率的な単一周波や複数周波のエコートレース分類を行います。

Characterize: 幅広いデータを特徴化し、最適なサードパーティソフトウェアーで更なる解析が可能なように解析を行いエクスポートします。

Automate: 他のデータセットに適用させるためデータフローを保存し、希望するプログラム言語でスクリプト(エコービューの取扱説明書による)を書きます。 

典型的なエコグラムは表層の群、深い場所にいる水柱内の個別の魚、強い海底反射を表示します

メンテナンス&サポート

Echoviewのクライアントになれば、最新のEchoviewバージョンの供給を受けることだけではなく、高く評価された私たちのテクニカル・サポートサービスを受けることができます。

Echoviewライセンスを購入した後の12カ月間は無料のEchoviewメンテナンスとテクニカル・サポート(MATS : Maintenance and Technical Support)が付いており、定期的に加えられる最新のバージョンとすべての新機能に完全なアクセスを提供します。

私たちはテクニカル・サポートがEchoviewの不可欠な要素であると考え、優れたサービスをクライアントの皆様に提供することを誇ります。Echoviewソフトウェアや、一般的な水中音響データ処理と分析に関連したどのような面ででも、快適な操作ができるよう我々のサポートチームが手助けをすることができます。

トレーニング

トレーニングに加え、会議や他のイベントに出席するために、Echoviewのスタッフとパートナーは日常的に出張を行うことができます。

Echoviewトレーニング・コースは、クライアントの皆様すべてのレベル要求を満たすように構成されています。小さなグループでも大きなグループでも、世界中のどこでもコースを開催することができます。トレーニング・コースについての御興味、直接の御相談があればいつでもご連絡ください。

Echoview概要

問い合わせ先